わたしはわたし あなたはあなた


【スポンサーリンク】

 

ゴールデンウィーク!

平成の大晦日 明日からは「令和」

お休みの日は 時間もいっぱいあります

 

わたしは わたしのことをする

あなたは あなたのことをする

これはゲシュタルト療法

過去になにをしたか それはなぜなのかを問うことをせずに

「今・ここ」で「いかに」話しているか

「なにを」話しているかを問題にするものです

それに気づき 体験することで

自分自身であるという自由を取り戻すことを目的としています

心に沁みこませて 行動に移したいと心から

 

でもね

今日まで考えてきたこと  肌で感じたこと

それぜーんぶ 蓄積されているのも事実で

このギャップをどうクリアするかが もうね常に課題です(笑)

 

頑張ってきたことや 乗り越えてきたこと

今をどう生きるか  過ごし方やり方

その問いの答えはいくらでもあるから  選ぶのも一苦労です

 

本を読む

新しいことにチャレンジ

グルメ旅行 ショッピング

友達とランチ ハイキング

断捨離する それとも勉強

ちょっとズルして仕事している振りして 全力でサボる日にしてもいいですよね(笑

 

どれを選ぶにしても 人の目を気にして生きていたのでは

幸せそうな生活には見えても 本当の幸せはやって来ない そう思うんです

大切なのはその答えが 自分で望んで選んだものかどうか

 

例えば 誰かに対しての見栄だったり

周りの空気に流されていたり

相手に合わせていたり

それは違うような気がします

 

一見すると 人当たりがいい人なのかも知れません

顔が広くて 出世もできるかもですね

 

でも我慢して上手くいったことは

その後も永久に 我慢し続けなければならないということ

 

結果

これまで大切にしてきた人をビックリさせるぐらい どこかで大爆発するか

本当の感情を永久に表に出せない人に

他人から見ての幸せをキープしようとすれば どう転んでも幸せにはなれません

 

頑張っても  頑張らなくても どっちでもよくて

合ってても 間違ってても どっちでもよくって

大切なのは 今はこれっ!って自分の心で決めたこと

 

言いたい事が言えない友達と 一緒に過ごしていても疲れるだけです

本当の自分を隠して結婚しても 永久に仮面をつけて 夫婦生活を送らなければなりません

 

 

違和感を感じた時は 目を閉じて 一旦深呼吸

 

 

幼い頃 親を不機嫌にしないように努力して

大人になったら 周りの人を不機嫌にしないよう人一倍の努力して

(全くし無さすぎても問題なんですけどね😅)

 

もしそんな自分がいたら 自分の代で止めないとです

因果は巡る といいます

自分と同じ苦しみを 自分の子供 孫 そのまた子供は

自分と同じ苦しみを味わうこととなり またそのような子育てが続いていくそうです

 

今日までの自分 気づけていないもの

もう一回 目を閉じて深呼吸…

見えてきます なりたい自分と今の自分

気づけばその距離 縮まります

 

 

9ヶ月のPoohちゃん

ご飯の時間は 自分で決めたいみたいです  笑

いつも読んでくださり ありがとうございました!

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です