大切な人の元気を取り戻すために必要なこと

【スポンサーリンク】

 

 

仕事も学習もみんなリモートに変わりつつある昨今、家族のお昼ご飯が大変だぁと感じているのは私だけでしょうか?(笑)

こんにちは!Asakoです。

面倒だけど、誰かのためにしていることが実は自分の為だったりなんてことありませんか?ご飯を作っているとすごく感じます。自分一人ならこれで済ましちゃお!のところが、誰かが加わると栄養やバランス、彩まで考え始める。そしてそれは自分の口にも運ばれて健康が保てている。

「健康」って一言でいっても、実は奥が深いです。ヨガでは以下の5つの要素が調和している状態を「健康」と捉えています。

1. 命

2. 思考

3. 感情

4. 呼吸

5. 身体

WHO(世界保健機関)でも「健康とは身体のみならず、精神的にも、社会的にも、全てが満たされた状態にあることを言う」とされています。本当その通りだなぁと。心と身体、そして社会的立場、どれがバランスを崩してもやっぱり全部ダメになってしまったような感覚、陥りやすいですよね。

もう少し上記の1~5の「健康」を紐解いていくと

1つ目の「命」。これは赤ちゃんに例えるとわかりやすいです。身体は小さくても、その存在感は半端ない。それと同じように、自分のことも同じくらいの価値観で、観られているかどうか?今生きている感覚、ここに存在している感覚、大切に想う気持ち、ありますか?

2番目の「思考」。脳ってお祝い事でも、困り事でも、とにかく新しい変化を実は嫌う生き物なんだそうです。例えば子供が産まれて家族が増えたり、進学、就職、転勤、失恋、流産、ペットロスなどなど。生きていれば色々あるのが人生ですよね。今まで当たり前のようにあった「時間」「人」「物」への喪失感ってものすごいストレス。そしてそのストレスは脳にこびりつく。その記憶によって、もし今の生活に支障をきたしているようなら、少しずつでも手放せるものは手放す努力をしていきたいです。

3番目は「感情」。特に疲れているときに引っ張られやすいのが自分の気持ちです。思い通りにならないイライラや、不安感。一度気になりだすと感情は暴走する生き物。振り回される前にその無限ループから抜け出す方法を事前に用意しておきましょう。お勧めは呼吸法。まずは目を瞑り、あるがままの自分の気持ちに1つずつ気が付いていくことがコツです。そのまま30分、好き嫌いのジャッチは付けずに、今、心に湧いてきてくる「もの」として捉え観ていくことが大切です。

4番目の「呼吸」。呼吸は自律神経系の窓口。浅ければ全身の機能が停滞します。運動とリラックスを心掛けましょう。運動は「運」を「動かす」と書きますね。強運の持ち主は運動を欠かしません!そしてリラックス。「あくび」がでたら最高です。あくびは身体が緩んだ合図。緩んでいるときに血流、リンパの流れ、ホルモンバランスなど、運動の効果効能が得られます。緊張(運動)+弛緩(リラックス)これは呼吸(自律神経系)を整えるためにはセットですよ!

そして最後5番目は「身体」。痛いところの放置は禁物。せっかく身体からのSOSを貰えているのに、素通りや我慢をしていませんか?もしその感覚が定着したら、いつもの自分とされる形状記憶が当然そのラインになります、、怖いです。その定着は運動中ケガをしやすかったり、治りずらい体になることは避けられません。子供の頃のような、軽やかさと心地良さ、これに近づけることはいくつになっても可能です。諦めないで下さいね!!

長くなりましたが、お題に戻ると

「大切な人の元気を取り戻すために必要なこと」とは、そのご心配な方の1~5の状態がすべて調和がとれていること!これが不可欠です。そして何より、その方の心配をしているあなた自身も、この5つの調和がとれていなければなりません。日々の小さな変化に気がつくことの大切さ。自分の存在自体が、今、目の前の方の処方箋、そんなイメージです。相手に気を使ったり、ご機嫌を取るのではなく、大切なのは「いつも同じ気持ちでいてあげること」だと感じています。共感してあげることも時には必要ですが、あまり感情移入はせずに「いつもの自分で接する」これが一番大切です。

あなたの存在(=薬)の効果が表れてきた時、きっとその方は、周囲の人の声にも耳を傾けるようになっていきます。その変化は、少しでも前を向く方向に近づこうとする努力の始まりです。もしこれまで何かが起こるたび、他人のせいにするという性格の癖があった場合は、自分を取り巻く環境で起きていることは、多分に自らが招いていることだったと気づけるようにもなるでしょう。その謙虚な受け止め方が、また周囲に好感をもたれ、次またつぎへと手を差し伸べて頂けるような環境に繋がっていきます。

どうすればいいか?どうあればよいか?悩みの無限ループにはまってしまったら、上記の「5つの要素」まずはこれをチェックしてみて下さいね。心の成長を遂げるには、嬉しい楽しい経験だけでは難しいものです。悲しい気持ち悔しい気持ち、これを全部ぜーんぶ大切な心の宝物として、ゆっくりマイペースで共に前に進んでいけたら良いですよね。

手を差し伸べる側も、手を差し伸べて貰う側も、すべてはあなたの人生が豊かになるための出来事です。

お昼ご飯と一緒ーっ!?(笑)かな。

いつも応援してます!今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。