親離れ 子離れ

【スポンサーリンク】

ブログ しばらくご無沙汰してしまいました

不得意分野のこの出来事に 心を鷲掴みされてしまって、、、

 

そういう時こそ 書いたほうがいいのかもしれませんが

感情が優先されている間は 言葉にするのがなかなか難しく

言葉よりも 涙が先でした

電車でも 買い物中でも 信号待ちでも

我慢はせずに泣いてました(笑)

ストレスの解消法は人によって色々あると思いますが

いっぱい食べる

誰かに話しを聞いてもらう

いい大人でも 泣きたいときに泣く

3つ目が一番立ち直り的には 早かったような、、( ´∀` )

 

涙は心の整理整頓になると感じています

感情は押さえつけると 一時的に収まったとしても消えて無くなるわけではないので

身体の内側 特に内臓に溜まってくるものと 何かで読んだ覚えがあります

例えば

肩こり 腰痛 胃潰瘍 糖尿病や心臓病にいたるまで

まだまだ他にも etc…

心が及ぼす身体への影響ということで これらはすべて”心身症”の部類に入ると

以前ヨガの講習会でも教わりましたよ

 

そうならないために

失った時間に心をよせ続けるのではなく 「今」手にあるものを丁寧に数えることをする!やっぱりこれにつきます

悩んでいる時って エンドレスで胸が詰まった感じ 苦しい状態が続きますよね

こんな時 ちょっと見方を変えて

(以下この捉え方は あらゆる人間関係の悩みに対応できます)

相手 対 自分ではなくて

自分 対 自分

もっとかみ砕くと

ストレス 対 自分

もっともっといくと

出来事(経験) 対 自分 です

他人を対象にしてしまうと どうしても

どんな言い方をしたとか いつ言ったとか 何をしたかにフォーカスしがちで

終わりが見えなくなります

 

相手がしたことは 相手の心の問題であって

その人が責任をとることであって こちらの心の問題ではないのですよね

 

大切なのは 心が縮むような言葉から 今後の自分を守る壁を強くしていくこと

間違っても 今の傷ついた心をないがしろにして 相手のご機嫌をとるとか

内容が事実かどうかとか、、、ではなくって

自分の「心の経験」としてみていく

そしてもし ざわつく感覚が続くようなら これを何とかするのが「自分の問題」責任

もとの穏やかな心に戻れるように 行動を起こさねば(yogaヨガ!!)

 

25年、気づけば自分よりも大切と思える存在の我が子を

遠くの地に手放すこの経験は 海よりも深くて辛かった

でもまずは 自分にもこんな想いの経験 体験をすることが出来た幸運

そして それほどまでに愛おしいと感じられる人を これまで手にしていた幸運

これを忘れてはいけないですね

 

いつからだったか わだかまり感じたり イライラしたりされたり 嘘ついたりつかれたり

そんな状態、、、前々から気づいていたのに 気づかない振りが増えていって

 

それでも 巣立っていく残りの時間を 何か理由をつけては確保(笑)

一緒に過ごしたーい!! どうしょうもない親(私)でした

以前ヨガの先輩に別件で

「いつまでも引き留めていると いつかドスンと嫌でも引き離されるもっと恐ろしい事が起こるよ!」とアドバイスをもらったことがあります

それっって!まさにあの時と同じ!! またきたな!

 

 

 

離れていても 目的を持って 今という時間に満たされ

健やかに過ごしているのなら それが一番

 

なので この距離を置ける時間に感謝して

向かった先の道のりに感謝して その取り巻く環境にも感謝

 

今までお互いに努力したこと 耐えてきたこと 苦しみもがきながら築いてきたこと

その大切な時間を築けた幸運は 消えてはなくならない

だから 涙は止まらなくても 心の安定は少しずつ取り戻せている

そんな気がします

 

必要のない感情を涙と共に流しだせると

必要なものは ちゃんとこの手の中に残ってる

今日はそんな気づきでした

 

 

 

さてっ!もう一人も今日ご飯いらないとの連絡

わたしは わたしのことをします

今夜は主人と夫婦会(今日も!)

残り物パラダイス飯  楽ち~ん!!

ありがとうございました