初心 〜1粒で2度美味しい〜

【スポンサーリンク】

こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます。

今日は火曜レッスン、そう、お菓子がどこからともなくテーブルの上に並ぶ日です(詳しくは、古い投稿「おばあちゃんの役目」をご一読ください 笑)。体重がお陰様で3キロ増え、幸せ太り中の職業ヨガ講師。明後日は年に一度の健康診断です(汗)。ありがとうございます!!

 

 

生徒さんに質問されました。

「先生がヨガを初めて行った日は、どんな感じがしましたか」と。8年お教室をしていて、この質問、した事はあっても、生徒さんからされたのは初めてでした。

新鮮で嬉しかったです。

せっかく与えられた機会なので、昔のメモ日記を奥から引っ張り出して、とね。

当時(10年前)の自分と向き合うように、振り返ってみました。

 

✩ 我にかえれたようなホッとした気持ち。体は動かしているのに気持ちはどんどん落ち着いていくような不思議な感覚でした。

✩ やる前とやり終えた後とでの心には変化があり、自信(?)落ち着きのような安堵感が得られたのを覚えています。

✩ 普段意識することも無かった呼吸に意識をおく。とても不思議なことでしたが自分の中で何をするにも「ここからだったんだ!」と気づいた(←この記憶は良く覚えています)。

✩ 体が軽くなりました。

✩ なんだか分からないけど楽しかった。

✩ 普段気づかなかった、さまざまな体の中からの音(腸、心拍、呼吸)音が聴けた。

 

 

とこのうようなことを、感じたままにペンを走らせたような書き方で、グチャグチャでしたがデイリーメモに残っておりました。これほど詳細に残したということは、相当感動したのでしょうね。

初心。懐かしくて眩しいです。

 

この質問をして下さった方は、「体調を崩したお友達に、すごく勧めたいけれど、どう伝えたらいいのか、体感を言葉にするのは難しいです。」とのことで、聞いてきて下さいました。

 

みなさんの、初ヨガはどんな感じでしたか?

体感を言葉にするって難しいかもですが、やってみると初心に返ることができ、一粒(の経験)で2度美味しい、みたいな気分。いー気分ですよ!

 

また改めて、聞かせてくれたら嬉しいです。

 

ありがとうございました。